• Shoko Chiba

人と気持ちよく繋がる方法 その① 〜相手の中に見えるのは自分の心〜





目の前の人の行動に

ドキッとしたり

イライラしたり

することありませんか?





そんな自分じゃダメだ…

などと考える時はありませんか?





人と気持ちよく繋がりたいと思うのは

みんなの心にあることだと思います。






それなのにそうできない。

それはなぜでしょうか?





今日は多くの方からご質問いただいた


「人と気持ちよく繋がる方法」


についてです。










家族やパートナー、

友人や初めて会った人





そんな人の行動や言動が

なぜか気になったり…

ちょっとイライラしたり…






それはどんな時に

起きるのでしょうか?





自分が大切に思っていること

自分が足りないと思っていること

自分が羨ましく思っていること





そんなことを目の前の人がやると

自分の心の奥底にある





「やりたいけどできない」

「まだまだ自分には無理」

「あの人はすごいなあ」





という感情が炙り出されます。






自分の中で全く興味がなければ

そんな気持ちにはなりません。






そんな時、

どうしたらいいのでしょうか?




たくさんある方法の中で

パワフルなのは




自分が自分を受け入れる

自分で自分の心を満タンにする





Self-Love (自己受容)





です。





自分で自分の心のコップの水を

十分に満たすことができれば

目の前の人言動はそんなに気にならず

気持ちよく付き合うことができます。






今の自分、飾らない自分を





「そのままでいいよ!」




と、認めてあげることができたら

なぜか気になっていたあの人のことも

気にならず

認められるようになります。





なぜって


それは目の前の相手に

自分の姿を見ていたから。






人はペットを見たときに


「楽しそう」

「機嫌が悪そう」


と人により同じペットを見ても

言うことが違います。





ペットは同じ顔を見せているのに

そのペットを見た人により

その様子をその人なりに

解釈して表現します。





ペットは同じ顔をしていてもです!!





これは何を言っているのでしょうか?





本人の心の中の気持ちが

ペットに投影されて

見えているのです。





目の前の相手は

ペットでもパートナーでも

友人でも同じ。





相手を見て沸いて出てくる感情を

自分に対してもあるのではないか





…と見てみるだけで

目の前の相手に問題はないと気づけば

優しく繋がりやすくなれるのです。





すぐにわかることではないですが

そんなことを意識しながら見るだけで

感じ方が変わってきます。





練習してみてください❣️






最新記事

すべて表示